「小説の書き方 テクニック」記事一覧

親指シフト

テクニック

作家志望ですが、「親指シフト」をマスターした方が良いでしょうか?

「親指シフト」!! 懐かしい響きですねぇ(笑)。 親指シフトとは 日本語が打ちやすいキーボード配列 私の世代(50代前半)の物書きは、「親指シフト」と聞けば、即座に「富士通オアシス」というワープロ専用 ...

自分史

テクニック

自分史を探ることがどうして創作に役立つのでしょうか?

自分史を探ることが創作に役立つ、 というよりは、その逆、 「創作をやっていると、おのずと自分史を探りたくなる」 ということです。 スポンサーリンク なぜならば、どんなジャンルの小説においても、たいがい ...

自分満足と読者ニーズ

テクニック

自分が満足できる作品を目指すべきか、読者のニーズを汲みとった作品をつくるべきか、で悩んでいます。どちらを目指すべきなのでしょうか?

読者のニーズってね(苦笑)。 まだ(おそらくは)まったく無名の、作家志望の皆さんが、プロでもないのに、読者のニーズを汲み取った作品が、「本当に書き上げられる」と思っているのだとしたら、それは大いなる勘 ...

句読点ポイント

テクニック

句読点を打つポイントがわかりません。何か、コツはあるのでしょうか?

以前も、何かの機会に説明させてもらったことがあるかもしれませんが、文章の句読点(句点は「。」、読点は「、」)は、その人の「性格」や「呼吸の仕方」に、不思議とリンクするものでしてね。 気が短い人は、(せ ...

小説のルール

テクニック

小説の書き方には、「こう書かなきゃいけない」という厳密なルールって、あるんですか?

世の中には、小説作法を説いた書物は、昔も今もたくさんあります。でも、どれひとつとして同じことの書かれたものはない。 小説の書き方に厳密なルールは存在するか? 厳密なルールは存在しないが、好き勝手に書い ...

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」