小説家になるには

自分に才能があるかないかをどうやって判断すればいいのでしょうか?

判断? ううむ、難しい質問ですね(苦笑)。

自分に才能があるかないかを判断するには

才能のある者がクリエイトした作品と、そうでない作品との違い

「小説や音楽や絵画の作成に、才能なんて関係ない。それを読んだ人、鑑賞した人が感動すれば、面白がれば、その作品を書いた人は『才能のあるアーチスト』と呼ばれる。それだけのことだ」

なんてことを、もっともらしく説く評論家も、いるにはいます。そして、その意見に、簡単に便乗するネットユーザーは多いようで、その理屈の延長上というわけですかね、フェイスブックの「いいね」クリックの獲得数だけを頼りに、いっぱしの「プロ作家でござい!!」と豪語している者も、意外なほど頻繁に見受けられます。

私は、べつにその行為を、真っ向から否定はしません。

でも、誰がどんなに感動しようとも、才能のある者がクリエイトした作品と、そうでない作品との違いは、プロの、鑑(み)るべき立場の人が鑑れば、明らかなのです。

スポンサーリンク

薄っぺらな感動と、深い感動

世の中には、薄っぺらな感動と、深い感動、の2つがあります。

人は、目の前で何かしら困ったことが起きれば、泣きたくなります。それは本能です。おかしい出来事に遭遇すれば、多くの人間がプッと吹き出すでしょう。

でも、これはあくまで「薄っぺら」な感動(心の動き)にすぎません。少し時間がたてば、自分が泣いたり笑ったりした事実すら忘れてしまいそうな、そんな程度の感動です。

これに対して、小説や音楽の感動は、一度読んだり聴いたりしたら、ひょっとして一生忘れられないのではないか? と読者や鑑賞者に思わせるような、心の奥底にすーっと入り込んで、じっくりと熟成させるべき「深い」感動でなければならず、間違っても、日常的に年がら年中起きるような、ごく瑣末な「喜怒哀楽」と一緒に考えるべきではありません。

そして、自分が、はたして「薄っぺら」な感動しか生まない才能の持ち主か? 「深い」感動を生むべき才能の持ち主か? はたまた、まったく才能の欠片もない人間か? の判断は、作品をクリエイトする自分自身では無理です。ましてや、フェイスブックの「いいね」を安易にクリックする、ネットに巣食う、顔の見えない無責任な連中に、出来ようわけがありません。

あくまで、その道で長いこと修行をし、良い想いも嫌な思いもし、ツラくしんどい創作の鍛錬を重ねながら、創作の世界で飯を喰ってきた、プロと呼ばれる人間たちだけが、骨董の鑑定士のごとく、「貴方には才能がある」と断を下せるのです。

貴方の人生と、「糞野郎」の人生

こんな例え話は、いかがでしょう?

貴方の幼なじみの友人は、昔から性格的にすごく嫌な野郎で(笑)、みんなに嫌われていたのに、運動神経が天才的に素晴らしく、気が付けば日本を代表するサッカー選手に成長し、今や誰もが知ってる超有名人まで昇りつめ、年俸はウン億円をもらっている。貴方は、メチャメチャ悔しがる!!

「俺だってサッカーの腕前は、そこそこイケたんだ。なのに、なんであんな糞野郎が、調子に乗りやがって」

貴方の人生と、その「糞野郎」の人生は、どこでどう「違って」しまったのか? 彼は人間的には評価されない部分も多々あるのでしょうが、どっこい運動神経、ことサッカーの技術に関してだけは、誰からみても「素晴らしい!!」で一致するはずでしょう。そしてまた、おそらくは自分でも、その才能を早くから認知し、貴方も計り知れない苦しくしんどいトレーニングを重ねてきたはず。

一方の貴方は、どうでしょう? サッカーの技術を高く評価されるだけの才能を、本音で胸を張って、ヒト様の前で「どうだ、参ったか!!」と主張できるでしょうか?

学業やスポーツの世界と創作の世界との違い

学業やスポーツの世界は、結果がすべてという残酷な現実がありまして、いくら本人が「どうしても東大に入りたい!!」「どうしてもオリンピックに出たい!!」と望んでも、その「結果」にいたるべき才能、実力が伴わなければ、夢は絶対にかないません。誰が聞いても明白な話です。異論も出ないはずです。

ところがこれが、プロの「作家になりたい!!」「作曲家になりたい!!」「画家になりたい!!」……となると、途端に判断の基準が「おかしく」なります。

なぜかといえば、創作の世界は、1+1=2のような、明確に「これ1つ!!」という答えは存在しづらく、加えて、前述のような「感動」という、人間の心の動きが絡みつくため、さして才能のない者も「いっちょう俺だって!!」と、やる気が目覚めてしまうので。

「あの2人」

先日、広島出身で被爆二世の聾唖者であることを「売り物」にした作曲家の騒動がありました。彼が書いたとされる「感動の名曲」は、じつはまったく別の、明らかに音楽的な才能豊かな彼が、代筆をしていた、と。

売れっ子に祭り上げられた作曲家は、楽譜一つ書けず、ピアノも弾けない、つまり音楽の才能はハッキリ言ってないけれど、自己アピール能力だけは長けた男だった。一方、代筆の彼は、詐欺師同然の男の言いなりにコキ使われながら、皮肉なことに、生来の音楽的才能だけは自他ともに認めるものがあった。

自分に才能があるかどうか? をみずからに問いかける際に、連日マスメディアを騒がせた、「あの2人」の顔を思い出してみると、意外に答えが導き出せるかもしれませんよ。

こちらの記事もおすすめ

⇒ 小説家になるにはどうしたら良いか。すぐにできる小説家への第一歩

-小説家になるには
-

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」