小説家になるには

小説家を目指すなら、勉強や知識より大切なこと 

小説家になるには、どういった勉強もしくは知識が必要ですか?

ねこくん

作家になりたい!

でもそのための勉強とか知識って必要なの?

つまりこう言うことです。

小説家になるには、どれほどふんだんに勉強をしても、どんなやつらより知識が豊富でも、小説家になるやつはなり、ならない(なれない)やつは、ならない(なれない)ものです。

次にもう少し詳しく説明しますね。

勉強や知識は必要か?

writing novels

小説家になるには勉強や知識は要らない

小説家になるには、勉強も知識も要りません。

作品を書き上げ、

プロの作家および編集者、評論家などにちゃんと読んでもらい、

「巧い!!」と認められれば、 小説家になる道は開けますし、

その逆なら、

いくら小説家になりたくても、「腕がない」ことを認め、あきらめるしかない。

スポンサーリンク

優れた作品を書き上げる作家に必要な特性とは?

要は、作品の出来次第です。

でも、優れた作品を書き上げる作家は、

まず間違いなく、

座学的な勉強も人生勉強も、誰よりもしっかり修得していますし、(その作品を書き上げるための) 知識も豊富なものです。

作品には、それを書いた人間の「すべて」が、意識、無意識を問わず、嫌らしいまでにリアルに表出されます。

作品を書こうとする人間の、性格の中身を「すべて」、自分自身であらためて見つめるためのレッスンが重要です。

小説家になるためには、どんな勉強や知識よりも、優先して身につけるスキルだと信じます。

作家になるために大切なこと

受験勉強のように小説家になるための勉強や知識をいくら詰め込んでも、良い作品を書くこととは関係ない。

頭でっかちに勉強したり知識を詰め込むことと、人が感動する話を作ることは全く別の種類のことです。

読者が読みたいのは、あなたの勉強の成果ではありません。

では、どんなことをすれば良いのでしょうか。

どんなことをすれば、読者が読みたいストーリーを書くことができるようになるのでしょうか。

小説家になるためのレッスンとして大切なことがあります。それは次の二つ。

小説家になるために大切なこと

  1. あなたの性格の中身を「全て」見つめるためのレッスン
  2. どんな小さな私的な事件でも、それに気づく

それでは、もう少し詳しくみていくことにします。

まずは一つ目。

「あなたの性格の中身を全て見つめるためのレッスン」について、詳しく説明していきましょう。

あなたの性格の中身を「すべて」見つめるためのレッスン

作品には、作者自身の人間の「すべて」が、意識、無意識を問わずリアルに表出される、と先ほど書きました。

それならば、少なくとも作品書く人間(あなた)の性格ぐらいは認識しておく必要があります。

つまり、せっかちな性格な人間だからこそ書けるストーリーがあるはずだし、人嫌いな性格な人から見た人物評が斬新なストーリーを産む、というわけです。

そのためにも、今一度あなたの性格の中身を「すべて」、自分自身であらためて見つめるためのレッスンが重要になるのです。

ちょっと難しいかもしれませんね。

具体的にどんなレッスンをしたら良いのでしょう?

具体的なレッスン内容・ステップ

step
1
今までの人生で経験したことを書き出す

人に読んでもらえるストーリーを書くには、まずは自分を知ることから始めます。

まずは、今までの人生で経験してきたことを語ってください。言ってみれば「自分史」のような感覚です。

自分の人生で経験した嬉しかったこと、挫折したこと、人に隠したいようなこと、恥ずかしかったこと・・・・・・。

思い出して、書いてみてください。

書き出してみて、俯瞰して眺めてみると、あなた独自のものの考え方が見えてくるはずです。それが最終的にあなたの持ち味になります。

step
2
自分の長所・短所の再発見

STEP1をベースに、自分の性格の棚卸しをしてみます。

自分の長所・短所を見つけましょう。

「自分はこんなやつ」と簡単に自己紹介できるまで探ってみてください。

step
3
じぶん定点観測をする

ある一日の自分、ある一週間の自分、一ヶ月の自分、季節ごとの自分、一年間の自分

その時点で感じたこと、考えたことを思うままに書いてみましょう。

step
4
あなたのストーリーを書く

  • 自分を主人公にした私小説を書く
  • 自分の一番輝いていた時代や一番嫌だった時代について書く

これらのステップの中で一番自分のことが見えてくるのが、STEP3の「じぶん定点観測」です。

「じぶん定点観測」では、今まで自分でも意識していなかった感情や思考回路などに新たに気づくきっかけになるでしょう。これをきっかけにして、家族や友人などの身近な人達の人物観察にも役立つはずです。

このレッスンから得られること

あなた独自の視点からの人物観察は、キャラクターの設定、セリフ、エピソードなどなど、あなたの描く小説に深みを与えてくれます。

人物観察が稚拙であれば、物語が薄っぺらいものになりがちで、読んでいてもすぐ飽きてしまいます。

mitsuketa

小説家になるために大切なこと

  1. あなたの性格の中身を「全て」見つめるためのレッスン
  2. どんな小さな私的な事件でも、それに気づく

では次に、小説家になるために大切なことの二つ目「どんな小さな私的な事件でも、それに気づく」について、説明します。

どんな小さな私的な事件でも、それに気づく

自分の性格を見つめるレッスンができたら、「どんな小さな私的な事件でも、それに気づくこと」を実践してみましょう。

気づいたことに面白がってみる、ストーリーを膨らませてみる。

それを習慣にするのです。

何にも興味が湧かない、と言う人はとにかく気づく練習から初めてみませんか。

例えば、脱げた靴が片方、道に落ちていました。

ありふれた光景かもしれませんが、あなたならそこからどのようなストーリーを展開させますか?

その靴は、どんな靴でどんな人が履いていて、なぜ道に片方だけ落ちていたのか。

あなたが靴を見つけ時は、どんな時間で何をしていて、何を考えていたのか。

たった一つの小さな出来事から、ストーリーが展開していく。

そんな習慣の積み重ねがあなたを成長させてくれるのです。

こちらの記事もどうぞ

関連記事
小説家志望のイメージ
小説家に向いている人はこんな人 現役の作家に聞いてみた

小説家に向いている人 1に「好奇心が旺盛な」人、 2に「変態である自覚のある」人、 3に「自宅からほんの数分のところにあるコンビニに、煙草を買いに行っただけで、何かしら事件に巻き込まれる」人。 詳しく ...

続きを見る

小説家になるには、具体的にどうしたら良い?

good

小説家になるためには、良い作品を書くことが第一なのは言うまでもありません。

じゃあ良い作品だけ書いていれば良いのかと言うと、これもまた違います。

なぜなら小説という作品は、読者という第3者が介在して初めて価値が出るからです。

自分一人だけでは、作品には価値がつかないのです。

誰かがあなたの作品を読んで「面白い!」と言ってくれない限り、あなたの作品は無価値なのです。

作家になるには、ネットで発表する?

では、一体何をすれば良いのでしょうか?

とりあえず、ネットで発表する? 同人誌で発表する?

それも良いでしょう。

うまく行けば、誰かがあなたの作品を拾い上げてくれるかもしれません。

でもそれは非常に可能性が低い。

誰かがあなたの才能を見出してくれるには、どのくらいの時間が必要でしょうか。

10日? 一ヶ月? 1年? 10年? 100年?

あなたの時間は無限ではありません。

限られた時間しかないのです。

そして、あなたの周りにはライバル達がひしめいています。

あなたより優れた才能をもつ人もたくさんいます。

確実にチャンスを掴む方法

普通にやっていたら、何年待っていても結局何も変わらないでしょう。

あなたが数多くのライバル達を押しのけるには、チャンスを確実に掴むしかない。

では、どうしたら目の前に現れたチャンスをタイミング良くつかみとることができるのでしょうか?

もちろん数多くの作品を書くこと。そして継続して発信すること。でもこれは当たり前の話。

ヒントは、「他の人の力を借りる」と言うこと。

そう、スクールに入ってしまうのです。

シナリオスクールや小説の学校に通う

シナリオスクールや小説の学校に通いながら、小説家になる人も多いです。

シナリオスクールの良いところは、同じ夢や目標を共有できる人たちがたくさん集まっていること。彼らの熱気を吸収するだけでも、大きな刺激になります。

一人で書いていても煮詰まってしまいがちですからね。

スクールなら課題が出たり、スクール生との交流から新しい展開をひらいていきやすいという理由で通っている人も。学生や社会人向けの夜間教室を開いているスクールもあり、門戸は広く開かれています。

mitsuketa
【東京/阪神】おすすめの小説の学校・教室・シナリオスクールは?

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

続きを見る

ライターとして稼ぎながら、スキルを磨く

小説の教室やシナリオスクールはお金を払って、小説のスキルを磨きます。

でもお金をもらって、文章のスキルを向上させる方法があります。

それは、ライターになること。

企業から依頼された記事をこなしていくことで、読み手がどんなことを知りたいのか、どういう風に書けば伝わるのか、文章のスキルを上げることができます。

最近はインターネット技術の進歩により、クラウドで安心して仕事を受けられる体制が整っています。

小説を書きながらライターとして活躍している人も、かなり増えています。

オススメは、クラウドワークスです。

仕事の案件が多い!安心の「クラウドワークス」

クラウドワークスをオススメする理由

  1. 上場企業が運営しているので、サイトの安全性が高く、仕事の件数も多いこと。
  2. さらに、確実に報酬を受け取れる仕組みが整っていること。

「クラウドワークス」は、日本最大級規模のクラウドソーシングサイトなので、仕事数も数限りなくあります。

ライティングに特化しているわけではないのですが、ライティングの仕事もかなりあります。

仕事を発注しているのは個人や法人と幅広く、仕事数も多いのが特徴。

うまく仕事をこなす人だと、毎月数十万の収入を得ている人もいるようです。

こちらの記事もどうぞ

ライティングの仕事なら、効率よく作家を目指せる

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

続きを見る

ねこくん

忘れないうちに、今日登録しとこ。

クラウドワークス

おすすめの記事

mitsuketa 1

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

2

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

-小説家になるには
-

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」