テクニック

お金になる文章とお金にならない文章の違いを教えて下さい。

これは、答えは簡単(笑)。ライター稼業の常識でいうと、とにかく「上手い!!」文章が書ければ、すぐにも「売れ」ます。その逆は、どんなに書き直しても「上手くない」ので、その文章は売れず、お金になりません。

お金になる文章とお金にならない文章の違い

どうすれば「上手い!!」のか?

では、どんな文章が「上手い!!」のでしょう?

スポンサーリンク

その判断は、「自分に才能があるかないかをどうやって判断すればいいのでしょうか?」の回答と同様、やはりプロの立場の創作の専門家でなければ、容易にはムズカシイですね。

ただスラスラ読めればいいのか? というと、そんなことでもなく、ある程度の「引っかかり」のある文章の方が、ある方向の読物には最適なため、めちゃめちゃ高く売れたりもします。

ごく親しい友人に、かなり好意的に読んでもらっても、「内容がよくわからない」と首をかしげられるような文章は、当然ながらお金になりません。

 

関連 絶対小説家になりたい人のためのスクール比較

おすすめの記事

mitsuketa 1

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

2

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

-テクニック
-

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」