テクニック

自分の撮った写真になにか言葉を入れたいのですが、どうもうまくいきません。写真に合う言葉を探すコツを教えて下さい。

新聞でも雑誌でも、何かの写真が載ると、たいがいはその周囲に、少し大きめの文字で、読者の目を惹かせるための言葉(キャッチコピーと呼びます)や、数十文字の写真の説明(キャプションと呼びます)が存在します。読者の立場の皆さんは、普段、それらのキャッチだのキャプションを、さして意識せずに流し読みしているはずです。

これらは、雑誌の編集部や新聞社に入社すると、最初にやらされるたぐいの業務ですが、いざやってみると、すぐにわかります。簡単なようで、なかなか骨の折れる仕事なのです。質問者同様、「どうもうまくいきません」のです(笑)。

でも、昔からよく言われることですが、若手の編集者やライターのうちで、キャッチ書き、キャプション書きが上手いやつは、クリエーターとしてのセンスがあることを上司に認められ、結果、出世が早いのです。

写真に合う言葉を探すコツ

センスが命

キャッチもキャプションも、センスが命です。文章の上手い下手とは、また次元の異なるテクニックが必要とされます。乱暴にいうと、センスのないやつは、いつまでたっても上手くなりません。

数を書きまくっているうちに、いつの間にか「コツ」を体得することも、あるにはあるでしょうが、やはり天性のセンスの才能を持ったやつにはかないません。

その事実をよく把握したうえでーーー、

では、何かしら、上達のコツは具体的にあるのか?

スポンサーリンク

写真に添えるキャプションをつける2種類の方法

写真に添えるキャプションには、2種類の「方法」があります。

(a)その写真に撮られた状況を、文字によってより詳しく説明すること。

これは、芸術の世界では「同化効果」といいますが、写真と文字とが「同じ方向」のイマジネーションの膨らみを生むよう、書き手が意識する「方法」です。

(b)その写真とは、一見まったく正反対の意味合いになる言葉、ないしは、まったく無関係に思われる言葉を、意識的にわざと写真に添えること。

これは、芸術の世界では「異化効果」といいまして、いわば写真と文字とのコラボです。写真のインパクトと言葉のインパクトとを、等価値にがっぷり四つに組ませることで、読者への伝達のエネルギー、および拡がるイマジネーションは、写真単体、言葉単体の、何倍、何十倍にもなりうるという「方法」です。

各種の情報雑誌の場合は(a)が多くなり、芸術系の刊行物だと(b)が多くなります。

どちらの「方法」を選択するかは、貴方の写真を載せる媒体が、どんなたぐいのものであるかによって決まります。

トレーニング方法

(a)を上手くなるためには、日常のどんなシーンでもいいから、すべて100字以内の言葉で説明してみる……、そんなトレーニングを心がけてみたらどうでしょう。

青い空なら「青い空」らしく、白く小さな犬なら「白く小さな犬」らしく、幼い子供なら「幼い子供」らしく、単純な表現でかまわないので、そのかわり、誰が考えたのでもない、あくまで貴方自身から紡ぎ出された言葉で、目の前の写真を「的確に表現する!!」ことが大切です。

(b)を上手くなるためには、普段の日常生活の中で、常にイマジネーションを膨らませるトレーニングを試みること。

青い空の写真を前にしたら、青い空から連想される「あらゆるもの」を、いったんメモとして書き出してみましょう。ある人は、青い空を見ているうちに、311の震災直後を想うかもしれない。またある人は、青い空が別れた恋人の顔、その恋人とのキスやS◯Xを思い出すかもしれない。

いきなりは無理。めげずに焦らずが効果的

いきなり写真に「しっくりくる」言葉を書こうとしても、日常の思考的にその手のトレーニングがなされていない人は、ハッキリ言って無理です。

最初は下手糞なものになるのも当然です。その事実にめげずに、決して焦らず、まずは上記のことをやってみることで、脳ミソの働きを柔らかくするのが効果的です。

お試しあれ。

関連 絶対小説家になりたい人のためのスクール比較

「書く仕事」で稼ごう!

mitsuketa

書くのが好きなら、「書く仕事」にトライしてみませんか。

ライティングのスキルが上がると、創作のレベルも一気に向上できます。

簡単なレビューを書く仕事から、独立を目指せるレベルまでいろんな仕事を選べます。

さっそく登録してみましょう。

オススメNO.1!高単価の在宅ライター「プラチナライター」

最高で月収70万の人も!

日本最大級の記事作成の在宅ワークサービス「サグーワークス」では、高収入を稼げるプラチナライターを募集中です。

プラチナライターとは、文章スキルが高いと認められたライターのこと。審査クリアが条件になりますが、高報酬が狙えるので人気です。

  1. 高報酬!文字単価が1円以上の案件多数!
  2. 依頼主との調整はサグーワークスが対応!
  3. ライティングサポート有り!

小説を書きながら活躍している人も多いです。

小説家を目指しながらのお仕事として、かなりオススメです。

人気のため、今すぐ登録しておきましょう!

仕事の案件が多い!安心の「クラウドワークス」

クラウドワークスをオススメする理由

  1. 上場企業が運営しているので、サイトの安全性が高く、仕事の件数も多いこと。
  2. さらに、確実に報酬を受け取れる仕組みが整っていること。

「クラウドワークス」は、日本最大級規模のクラウドソーシングサイトなので、仕事数も数限りなくあります。

ライティングに特化しているわけではないのですが、ライティングの仕事もかなりあります。

仕事を発注しているのは個人や法人と幅広く、仕事数も多いのが特徴。

うまく仕事をこなす人だと、毎月数十万の収入を得ている人もいるようです。

在宅OKです。編集者募集「サグーワークス」

未経験でも月収30万以上目指せる

日本最大級の記事作成の在宅ワークサービス「サグーワークス」では、編集者を募集しています。

ココがポイント

  • 依頼主との調整はサグーワークスが対応してくれる!
  • 企業からの依頼数も日本最大級なので、仕事の量が豊富
  • 高報酬の案件。月収30万以上を目指せる

記事の見出し・タイトルの作成をはじめとした記事の企画がメインの仕事になります。

読者の知りたいことをどうすればわかりやすく伝えられるか、どんな記事の構成にすればもっとわかりやすくなるかという視点が求められる仕事なので、ライティングのスキルアップにも活かすことができます。

おすすめの記事

mitsuketa 1

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

2

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

-テクニック
-

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」