テクニック

自分が満足できる作品を目指すべきか、読者のニーズを汲みとった作品をつくるべきか、で悩んでいます。どちらを目指すべきなのでしょうか?

読者のニーズってね(苦笑)。

まだ(おそらくは)まったく無名の、作家志望の皆さんが、プロでもないのに、読者のニーズを汲み取った作品が、「本当に書き上げられる」と思っているのだとしたら、それは大いなる勘違いです。

スポンサーリンク

よほどの大家になった作家先生や、名うての編集者ですら、そう易々とは、勝手気ままで多岐にわたる大勢の読者のニーズなど、汲み取れるわけがないのです。

ましてや、現状の皆さんは、読者のニーズを汲み取ろうなどという不遜な自意識を、まずきれいにバッサリ捨て去り、むしろ、自分がこれから書こうとする作品(それがどんな傾向のブツであれ)に、読者を「付いて来させる」ぐらいの了見と覚悟で、個々の創作と向き合って欲しいものですね。

関連記事 絶対小説家になりたい人のためのスクール比較

おすすめの記事

mitsuketa 1

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

2

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

-テクニック
-

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」