ライティングの仕事 ライター・シナリオスクール

ライティングの仕事なら、効率よく作家を目指せる

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。

できれば文章を書く仕事がしたい。

と言う方、

在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか?

ネット経由なので、働く場所は自由。ライティングのスキルを上げながら、納得のいく収入を得ることができます。

ライターとして稼ぎながらも小説家も目指すことができるのです。(小説家にならなくても、ライターとして独立することも)

このページでは、在宅ワークでのライティングの仕事について、「どれだけ稼げるのか」、「おすすめのサービスはどこ?」などの疑問にお答えしていきます。

文章を書くのが好きな人にオススメ!

ライティングの仕事で実力を磨きつつも、他の媒体にも書いていけるようにしたい、もっと活動フィールドを広げていきたいという方にピッタリなのが、在宅のライティングの仕事。

すでにライターとして独立している人も、もちろんいます。

在宅ワークって怪しいの?

在宅ワークと言うと、なんとなく怪しい?イメージもありますが、約20万人が登録している人気のサービスです。

というのも、最近はクラウドと言う言葉も広く浸透しており、ネットで簡単に仕事ができるようになってきているのも人気の背景にあるようです。

さらに報酬もきちんと安全に受け取れる仕組みも完備されていて、安心して仕事ができるようになっているのも大きな要素ですよね。

ネットで仕事をすることが当たり前になりつつある

こう行ったことから、現在はクラウドでの仕事で生活している人もかなり増えてきています。

政府の働き方改革などもあり、今後はもっと普及し、これから大きく社会を変えていきそうな潜在力があります。

こう言った背景から、ネットで仕事をすることがあたり前のことになりつつあります。

スポンサーリンク

どのぐらい稼げるの?

good

では実際問題、在宅のライティングの仕事でどのぐらい稼ぐことができるのでしょうか。

もちろん登録したからといって、すぐに高報酬が保証されるわけではありません。

ライティングのスキルレベルや得意分野によって、それぞれ変わってくるからです。

最初のうちはそれほど多くは稼げないかもしれませんが、スキルのレベルアップとともに収入を増やすことができます。

これは普通の仕事と同じことですよね。

最初のうちは誰でも小さなところから始めて、そのうち仕事をこなしながら収入も増えていきます。

定期的にお仕事をこなせば実際に月20万以上稼ぐことも十分可能で、本業として生計を立てている人も多いです。

コツは、「自分の知識をわかりやすく説明する」こと。是非チャレンジしてみてください。

ライティングスキルのレベルを上げることができ、さらに収入も得られるので、小説を目指すもよし、ライターとして独立するもよしです。

おすすめの在宅ライティングサービス

仕事の案件が多い!安心の「クラウドワークス」

クラウドワークスをオススメする理由

  1. 上場企業が運営しているので、サイトの安全性が高く、仕事の件数も多いこと。
  2. さらに、確実に報酬を受け取れる仕組みが整っていること。

「クラウドワークス」は、日本最大級規模のクラウドソーシングサイトなので、仕事数も数限りなくあります。

ライティングに特化しているわけではないのですが、ライティングの仕事もかなりあります。

仕事を発注しているのは個人や法人と幅広く、仕事数も多いのが特徴。

うまく仕事をこなす人だと、毎月数十万の収入を得ている人もいるようです。

ラインティングの仕事を始めるなら「Bizseek」もオススメ

Bizseek(ビズシーク)は、ブログやメルマガを中心としたラインティングの仕事がわりと豊富。

これからラインティングの仕事を始めてみたいけど、他のクラウドソーシングでなかなか仕事を取れない人に最適です。

他にも簡単にできるアンケートやデータ入力の案件も多いので、ちょっとしたお小遣い稼ぎとしてもオススメ。

こちらの記事もどうぞ

▼小説家になる方法はあるのか? 現役作家に聞いてみました。

第一歩
小説家になる方法はありますか?作家からのシビアな回答

▼おすすめのシナリオスクール

夜間コースが人気!アミューズメントメディア総合学院 ノベルス創作学科 

-ライティングの仕事, ライター・シナリオスクール

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」