小説家になるには

会社の仕事がつまらない。早く小説で食べれるようになりたい

社会人をしながら作品を書いている方も多いと思います。

会社の仕事がつまらない、早く会社を辞めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、実は一見つまらないと思える社会人生活の中にこそ、小説に使える題材が転がっていたりするものです。

会社って創作の宝庫

面白くない会社人生を卒業して、早く文章を書く仕事を生業にしたい!と焦る気持ちもわかりますが、ふと自分の足元を見ると、会社って実は創作のネタをザクザク発掘できる、貴重な場なのです。

人間観察の標的になる

つまらない上司や取引先は、格好の人間観察の標的になります。

その人の言うセリフ、 仕草、ファッションセンス。すべてネタにできます。

イヤミばっかり言う課長、やたら虚飾の激しいお局様、偉そうにしているお偉いさんの息子などなど、社内を見渡すだけですぐに美味しいネタが見つかるはず。

そんな人達の行動を描いてみる、と言うこともできます。

今の仕事を舞台にした小説も

さらに、仕事をこなしているということは、あなたはその道のプロ。その仕事を舞台にした小説も書けるかもしれません。

つまらない仕事も貴重な創作の場となる

そうすると、つまらない仕事も貴重な創作の場になってくるのです。

会社がつまらないから、早く辞めたいなどと言っていられなくなりますよ。

一見「つまらない」ことを「面白くする」のも腕の見せどころ。

煮詰まったら、小説家志望者が集まる所に参加してみては?

と言っても一人で書いていると煮詰まってきます。

おすすめは、シナリオスクールに通ってみること。通っている人は皆、小説家志望の方ばかり。大いに刺激になりますよ。

最近は社会人コースも充実しています。オススメです。

おすすめの記事

mitsuketa 1

小説家を目指すなら、小説の学校も選択肢のひとつ。 東京エリアと阪神エリアの小説の学校、教室、ライター・シナリオスクールを比較しています。 立地や学校の特色を比較しながら、小説の学校全般の特徴やスクール ...

2

小説家として活躍したいが、アルバイトもきつい。 できれば文章を書く仕事がしたい。 と言う方、 在宅ワークでライティングの仕事ができることはご存知ですか? ネット経由なので、働く場所は自由。ライティング ...

-小説家になるには

© 2021 作家に聞いてみた「小説の書き方と小説家になる方法」